副業の案件を請け負いすぎて、疲れ果てていませんか? #dualwork

「今月、案件を請け負いすぎた…」

 

フリーランスや副業で起こりがちな、この問題。ひょっとしたらこの記事を開いたあなたも経験があるのではないでしょうか?

 

収入の増加や自己実現が目的にも関わらず、いつの間にか安く案件を請け負いすぎて、仕事に追われてしまっていませんか?仕事に追われるだけならまだしも、本業や他の仕事への影響も出てしまっては本末転倒です。

 

そこで、本記事では、仕事を抱えすぎないようにするために必要な計画をご紹介します。

 

あなたが副業する“目的”とは?

突然ですが、あなたが副業を始めた理由を教えてください。

 

パッと答えられるなら、きっと正しく副業に専念できているでしょう。

 

しかし、「あれ?一体何だっけ…」と少しでも不安になるならば、本来の目的を見失いかけているかもしれません。特に仕事をたくさん抱えすぎている時ほど、目の前のことに必死になって長期的な目標を見失っている可能性が高くなっています。

 

もし、副業する理由を見失っているようであれば、「何のために副業するのか」について、今一度見直してみましょう。きっと、副収入を得るためや自己実現、新たなチャレンジの機会や出会いの獲得など、様々なキーワードが思い浮かぶはずです。

 

おすすめは一度時間を取って書き出してみることです。メモやノート、ワークシートなどに書き出してみることで、より頭の中が整理されます。その際に、もう一点書き出してほしいことがあります。

 

それは、「理想のライフスタイルを思い描くこと」です。副業する目的のみならず、理想のライフスタイルから逆算することで、どのような働き方をすればいいか現実的に考えやすくなります。

こうして書き出すことは悩みや憂鬱なことへの対処法として極めて有効です。筆記開示と呼ばれるこの手法は、頭の中でモヤモヤしているものに輪郭を与え、きちんと整理して考えられるようになります。人間は言葉で思考する際に、頭の中だけでは考えられない生き物なのです。

 

今回、これらのことを把握するために、DUAL WORKがカウンセリングの際に利用しているワークシートをご用意しました。気になる方は、ぜひダウンロードの上、ご自身の副業の目的整理に活用して下さいね。目的達成のフレームワークなども使っていますので、これから副業を始める人も、すでに始めている人にも使えると思います。

 

DUAL WORK流  複業・副業の目的整理シート(ダウンロード)

 

稼働目標と稼働計画を決めよう

副業する目的を書き出したら、次により現実的な働き方を考えましょう。その際に必要なのが「稼働目標」と「稼働計画」を立てることです。

 

「稼働目標」とは、毎月の稼働をどれくらいにするか目標を立てること。これにより、働き過ぎを防ぐことができます。以下、2つを参考に稼働目標を立ててみましょう。

 

1. 理想の状態から逆算し、月にどれくらいの売上が必要なのか決める
2. 目標売上を達成するために、月にどれくらいの稼働量が必用なのか割り出す

 

さらに、そこから「稼働計画」を立てます。稼働計画とは、平日・土日それぞれに対して、時間と労力をどれだけ割くのか事前に決めておくことです。

 

これらはあくまで稼働の目安に過ぎないので、こだわりすぎず柔軟に調整することが大事です。場合によっては理想とするライフスタイルを下方修正する必要があるかもしれません。そうした柔軟な捉え方をするためにも、一度、ご自身の稼働目標と計画を整理しておきましょう。

 

計画を立てている段階で、もし複数のクライアントで仕事をし過ぎているようであれば、本当に必要なものだけに絞ってみるのも手です。集中すべき仕事を選別することでパフォーマンスが上がる可能性もあります。よく言う言葉ですが「決断」とは「決めて断つ」こと。目先の売上よりも、長期的なビジョンに従って仕事を選んで行きましょう。

 

また仕事の依頼がたくさん集まっている場合は、思い切って自分の時給単価を上げてみる良いタイミングです。少ない労働で本質的にやりたい仕事に絞ることができるため、より幸福度の高い働き方が実現できます。過去記事で、自分の時給の設計の仕方を具体的に解説していますので、そちらも参考してくださいね。

 

 

まずは目標を決め、できるだけそれに沿った形で仕事を入れることを意識してみましょう。

 

時には稼ぎ、時には休息を…

大事なのはいつでもメリハリです。副業の種類によっては、季節やイベント等によって書き入れ時があるビジネスもあります。七五三のカメラマンなどはそうですし、年末年始は物販も活況になる時期です。そんな時は、チャンスを逃さず多少の無理をして、しっかりと働いても構いません。

 

ただし、ずっと働きすぎていては、体調を崩すきっかけにもなりかねません。意識的に休息を取ることも、働き方改革の一つにつながります。

 

「仕事が終わらない…」「無理できるうちに働いておこう…」といったフリーランスにありがちな悩みも、理想のワークスタイルから逆算して計画すれば、より本質的でより豊かな働き方ができるはずです。ぜひ本業と複業を上手く活用し、人生を豊かにしていきましょうね。

 

 

執筆:大畑 朋子
企画・編集:新井 勇作
デザイン:中山 亜希

ADs

関連記事

  1. 転職時に副業をポジティブに伝えるフレームワーク #dualwork

  2. 知っておきたい!「お金の教養」が学べる入門書籍3選 #dualwork

  3. 副業から複業に!趣味の延長をフリーランス型複業にする方法 #dualwork

  4. スキルがあればライフワークに!アメリカ副業事情 2021年版 #dualwork

  5. 資産運用も立派な複業! 投資を始めるのに必要なお金の条件とは? #dualwork

  6. 「大したスキルもない・・・」と考えている人に読んでほしい、副業のヒント #dualwork