STEPN(ステップン)って怪しくない?今、流行のMOVE to EARNを“大”解説 #dualwork

最近、Twitterのタイムラインを見ると「STEPN(ステップン)で稼いだ!」という投稿を目にする機会が増えていませんか?

「STEPN = 歩くだけで稼げるアプリ」

と聞いても、なんだか怪しそうですよね。実際、私もSTEPNを始めるまでは同じような感想を持っていました(苦笑)。

試しに、5月の始めにSTEPNでNFTスニーカーを1足購入して歩いたところ、今では毎日3,500円ほど※ゲットしています
※5月中旬の時点で稼げた金額です。

今回は、STEPNを利用している筆者が「STEPNの仕組み」を解説していきます。この記事を読めば、Move to Earnという新たなお金の稼ぎ方に乗っかることができますよ!

 

STEPNとは、歩くだけで“仮想通貨”を稼げるアプリ

STEPNとは、歩いたり走ったりするだけで仮想通貨を稼げる、Move to Earnアプリの一つです。

仕組みを簡単に説明すると、

①「STEPN」アプリで、NFTスニーカーを購入する
②1日10分ほど歩いて仮想通貨「GST」を稼ぐ

という流れです。

日々の散歩やランニングにSTEPNを組み合わせるだけなので、誰でも手軽に始められます。

 

STEPNのNFTスニーカーはいくらで買える?

STEPNは、Solana(ソラナ)ブロックチェーン※上で構築されており、仮想通貨「SOL(ソラナ)」でNFTスニーカーを購入する必要があります。
※2022年4月からBNB(バイナンス)チェーンにも対応しています。

2022年5月中旬の時点で、一番安いスニーカーで12SOL〜13SOL(7〜8万円)程度です。

「NFTスニーカーに7万円もするの!?」

と最初はびっくりするかもしれません。。(←私も一瞬タジロギました…)ですが、個人でスモールビジネスを立ち上げて収益を上げるまでの時間とコストを考えると、STEPNは手軽にマネタイズできる点が魅力的だと思います。

 

実際にSTEPNで1日いくら稼げる?

STEPNは移動距離に応じて「GST(Green Satoshi Token)」という仮想通貨が貰えます。GSTの価格は常に変動しているので、現在の価格が知りたい方はこちらのサイトからご確認ください。

私は毎日歩いて9GST(3,500円程度)くらいゲットしています。もちろん、最初の1〜2ヶ月はNFTスニーカーをレベルアップさせたり、初期投資した費用を回収する期間に充てたりする必要があるため、利益が出始めるのは2ヶ月目あたりと思っておいた方が良いでしょう。

 

STEPNは、無限に稼げるわけではない。

「たくさん移動すれば、もっとお金が貰えるかも!」

この記事を読んで、そう思った方もいらっしゃるかもしれません。しかし、残念ながらSTEPNには時間的制限が設けられているため、無限に歩けるわけではありません。

NFTスニーカーの所有数に応じて、以下のように稼げる時間が決まっています。

1足 2エネルギー(10分)
3足 4エネルギー(20分)
9足 9エネルギー(45分)
15足 12エネルギー(60分)
30足 20エネルギー(100分)

他にも、STEPNのランニングコストとして

・NFTスニーカーの修理代
・NFTスニーカーのレベルアップ代

がかかります。どちらも稼いだGSTから支払うことができるので追加費用はかかりませんが、GSTを出費しながら稼ぐ必要がある点は考慮しておきましょう。

 

STEPNで購入できるNFTスニーカーは4種類

STEPNでは、4種類のスニーカーが用意されています。

決められた速度の範囲内で移動する必要があるため、自分が利用しやすいものを選ぶことをおすすめします。もし、決められた速度から外れた状態で歩いたり、走ったりしてしまった場合は、無駄にエネルギーだけ消費してしまいます。

恐らく、大半の方が「Walker」と「Jogger」のどちらを選ぶかで悩むと思います。個人的には、GSTを効率的に稼ぐという点で「Jogger」がおすすめです。もちろん、決められた速度に合わせて歩けるか心配…という方のために、STEPNのアプリ内には歩く速度を計測できる機能もついてるので、NFTスニーカーを購入前に確認してみてくださいね。

また、稼ぐ効率はステータスによっても変わっていきます。

Efficiency GSTを稼ぐ効率性
Luck ミステリーボックスのドロップ率
Comfort GMTを稼ぐ効率性
Resilience 耐久性

基本的に、重要になるのは「Efficiency」と「Resilience」です。Efficiencyが高ければ高いほど、稼ぐ効率が上がりますし、Resilienceが高いほどNFTスニーカーの修理代が安くなります。NFTスニーカーを購入する際は、この値が大きいものを選びましょう。

 

STEPNを始める上で知っておきたいリスク

STEPN内で獲得できる「GST」という仮想通貨は、STEPNを始める際に購入する「NFTスニーカー代」から分配されています。つまり、参入者が増えれば増えるほどNFTスニーカーを購入する人が増えるため、運営内に潤沢な仮想通貨が回ります。

しかし、逆に言ってしまえば、新規参入者が減少してしまった場合、当然入ってくる仮想通貨の量が減るため、最悪の場合稼げなくなる可能性があります。あくまで、リスク管理は自分でお願いします。

 

【重要】流行り物には、とりあえず一回乗っかっておく

リスク承知の上、副業としてお小遣いを目的にSTEPNを始めてみることは、全然ありです。しかし、それよりも重要なのは「流行りものに乗っかる」という経験を積むことです。

ある日、突然新たなビジネスチャンスが生まれても、一度も流行り物に乗っかった経験のない人と一回でも流行り物に乗っかった経験のある人とでは、行動スピードや乗りこなし方が全然違います。

今後も、〇〇 to Earnと呼ばれる新たなビジネスチャンスはたくさん出てくるでしょう。そのほとんどが、最初に参入した人が最も利益を得られる構造になっています。

だからこそ、次なるビジネスチャンスを獲得するために、実験としてSTEPNを始めることは経験値として持っておいた方が良いでしょう。

 

STEPNを始める手順とは?

ここまで記事を読んでみて「STEPNを始めたい!」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは簡単にSTEPNの始め方をご紹介します。

これからSTEPNを始めようと考えているのであれば、事前に「Coincheck」と「Binance」の口座を開設しておくことをおすすめします。

基本的にビットコインを購入できる仮想通貨取引所であれば、どの取引所を選んでも構いません。ですが、個人的には「Coincheck」がおすすめです。

理由は、以下の通りです。

・大手ネット証券であるマネックスグループが運営している
・STEPNに必要なビットコインを手数料0円で購入できる
・アプリが使いやすい

いずれSTEPNを始めようと思っている方は、先にCoincheckの口座開設をしておきましょう。以下のリンクからサクッと登録できますよ。

Coincheckの口座開設はこちらから

ビットコインをSOLに交換できる取引所は現状、国内にはありません。そのため、海外の仮想通貨取引所の口座開設が必要になります。

Binanceは、世界最大の取引数を持つ取引所です。アプリにも対応済みで、日本語で操作できるので安心です。海外の仮想通貨取引所の口座を開設するのであれば、Binance一択でOKです。

Binanceの口座開設は以下のリンクからどうぞ。

Binanceの口座開設はこちらから

 

まとめ

今回は、新たなMove to EarnであるSTEPNについて解説しました。
簡単に始められる副業の一つとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

企画・編集: 新井勇作
執筆: 大畑朋子
デザイン: 中山亜希

 

DUAL WORKでは副業関連情報を定期的に発信しています!

宜しければ、この機会にDUAL WORKメルマガにご登録くださいね!

ADs

関連記事

  1. まだ副業しているの?本業を頑張る人だけができる“複業”とは #dualwork

  2. ライフワークは「過去と動詞の掛け算」で作られる #dualwork

  3. TEDで話題沸騰!マルチポテンシャライトは複業向き?時代に合った働き方を徹底解説! #dualwork

  4. 英語が活かせる副業とは?講師・翻訳・リサーチャーなど8つの仕事を紹介 #dualwork

  5. 趣味を副業に!好きなことを仕事にするメリット・デメリットをご紹介! #dualwork

  6. 副業の案件を請け負いすぎて、疲れ果てていませんか? #dualwork