現役ライターがXarisを使ってみたらやばすぎる!AIを活用した記事作成テクニック

ビジネスの現場で文章を書くことは、避けては通れません。しかし、既存のAIツールを活用しても、必ずしも求めている文章を作成できるとは限らず、難しいと感じることも少なくありません。

それらの問題を解決するための手段として注目されているのが、AIアシスタント「Xaris(カリス)」です。Xarisを利用すれば、SEO記事の作成だけでなく、小説、PR記事の原稿、メルマガの原稿などユーザーの文章作成をサポートし、文章の質を向上させます。

今回は、Xarisを使う3つのメリットや効果的な記事作成テクニックなどについてご紹介します。

AI文書アシスタンスツール Xaris(無料)

文書制作AIアシスタント「Xaris」の基本的な機能

「Xaris」は、AIを活用したSEO記事などの執筆を支援するツールです。開発したのは株式会社スタジオユリグラフ。沖縄を拠点にしている、BtoB向けオウンドメディアマーケティング支援に強みをもった会社です。

2023年7月12日に正式リリースしたXarisは、ユーザーが効率的に高品質な文章を作成できるようサポートします。

【Xarisの基本的な機能】

機能名 概要
自動執筆 入力されたキーワードから自動的に文章を生成します。
テキスト改善 提案された文章をユーザーの要望に合わせて改善します。
整形・校正 文章の整形や校正を自動で行います。
文脈理解 入力された情報を理解し、それに基づいた文章を生成します。

これらの機能を駆使し、ユーザーは自分の意図する文章をスムーズ、かつ効率的に作り出すことが可能となります。

Xarisを使う3つのメリット

メリット①:執筆時間を短縮できる

Xarisは、入力したキーワードやフレーズから関連性の高い文章を生成します。タイトル、構成、本文を生成してくれるため、扱うテーマや内容について深く調べる時間を節約できます。さらに、より多角的な視点を取り入れて執筆することも可能です。出力された内容をもとにフィードバックすれば再出力することができるので、修正の時間も短縮されます。

メリット②:あらゆるテーマの記事作成に対応

XarisはSEO記事だけでなく、小説、PR記事の原稿、メルマガの原稿など様々な文書作成に対応しています。扱うテーマも、ビジネスからフード、ライフスタイルまで幅広く記事作成をサポート。今後はLP制作や提案書の作成にも活用できるようになるとされています。

メリット③:記事制作を行う正しい順序で文章を構築

記事は本来、読者層や読者のニーズ、読後感を想定した上でタイトルや構成を考えます。それらをもとに本文を作成し、出来上がった文章を見直します。

Xarisを使えば、同様の手順で執筆が可能です。宅建の勉強法に関するSEO記事を例に、見てみましょう。

1.上位表示したいキーワードを入力

例えば「宅建 勉強法」で上位表示される記事を作成するとします。

Xarisの「SEO記事作成機能」を活用し、2語以上でキーワードを設定します。そうすると、Xarisから以下のとおり3つのタイトル案と、想定読者を推定してくれます。

実際に色々な記事制作で利用してみた感想として、このタイトルと想定読者については、かなり精度が高いものになっていると考えます。大きな編集が必要なければ「次のトピックに進む」として、アウトラインを生成して行きましょう。

 

2.アウトライン(構成)を生成する

先ほどの3つのタイトル案のうち一つを選択すると、アウトライン(構成)が生成されます。書きたいテーマとのずれがなければ、小見出しごとに本文を生成します。

もし小見出しや本文に納得がいかなければ、指示を与えて再出力したり、直接編集したりして、より良い文書を完成させましょう。

現役ライターが感じる最大のメリットは「小見出しごとに書かれた本文に対して都度フィードバックをしながら、文書のクオリティを高めていけること」です。細かく改善することができるので、大幅な修正の手間を省けて圧倒的に便利だと感じています。

 

Xarisの料金プランと無料トライアルについて

Xarisの料金プランは、ユーザーのニーズに合わせて4つの選択肢から選ぶことができます。

どのプランもChatGPTなどの最新モデルである「GPT-4」が使用可能。AIとの対話を通じて文章作成をサポートしてくれます。初めての方は無料で使い始め、1か月あたりのリクエスト回数が20回を超えたらプランをアップグレードすることがおすすめです。

現役ライターが教えるXarisで文章を作成するための3つのテクニック

テクニック①:キーワードと具体的な指示を与える

記事のクオリティを高めるために重要なのが「キーワードの設定」と「具体的な指示」です。

良質な記事を作成するためには、適切なキーワードを設定することが何よりも大切です。例えば、先程の例のように宅建を独学で合格する」をテーマに記事を作成する場合、その主要なキーワードとして「宅建」「勉強法」などを設定しました。それらをもとにタイトルや構成、本文を出力するのですが、必ずしもイメージ通りのものが上がるとは限りません。

具体的に「AI技術を活用した勉強法も含めてください」と指示することで、よりイメージに近い文章を生成してくれます。

もちろん、テーマの内容によっては出力が難しいものもありますので、汎用的な内容はXarisで書き、より高度な内容や自分の意見、知見等は自分で書き足していくと良いでしょう。

 

テクニック②:一度に、完璧に作成しすぎない。

Xarisを使う際の心得は「一度で良い文章を作らない」ことです。もちろん、相応のクオリティのものが出力されますが最初からOKになることは無い前提で活用してください。

初めての文章生成では、大まかなアウトラインや情報提供を目的とし、詳細な内容や細かなフォーマットは考慮しません。その後、この初稿に対し再度Xarisを使用して精度を上げていくことが、現時点での最適解です。

手順 説明
① 初稿作成 大まかなテーマや視点を設定し、Xarisに初稿を作成させます。
② レビュー 初稿をレビューし、必要な情報が含まれているか、適切な視点から書かれているかを確認します。
③ 再生成 初稿に基づき、より具体的な指示を出してXarisに再生成を依頼します。

これらのプロセスを繰り返すことで文章の精度が徐々に上がり、最終的には高品質な文章が完成します。このステップバイステップの方法は、Xarisが徐々にユーザーのニーズを理解することにもつながり、より精緻な文章生成をサポートします。

テクニック③:複数のAIツールを組み合わせることで、記事の質を上げる

Xarisだけでなく、他のAIツールと組み合わせることで、より深みのある文章を作成することが可能です。

例えば、以下のように組み合わせてみてください。

AIアシスタント 活用方法
Xaris 全体のアウトライン作成、大まかな文章作成
ChatGPT 表現の調整、校正、レビュー

これにより、Xarisの強みである「大まかな文章作成」を活かしつつ、ChatGPTなど他のAIも活用することで、結果的に独自性と深みを持つ記事を作成できます。AIツールの特性を活かして、うまく活用しましょう。

テクニック④:ファクトチェックは必ず!!!

AIは、ときに嘘をつくことがあります。出力された内容をそのまま使用するのではなく、自分の違和感に準じて「その内容は本当なの?」「固有名詞や数字は合っている?」などファクトチェックすることは欠かせません。特に、汎用的な情報ではないものを出力させた場合には、架空の情報がそれっぽい文章で出力されることも少なくありません。人間がAIを活用して文書生成する際には、必ず生成された文章の内容を確認しましょう。

まとめ

XarisはAIアシスタントの中でも、特に全体のアウトライン作成や大まかな文章作成に優れた機能を持っています。ユーザーはより効率的に執筆作業を進めることが可能です。

ぜひXarisや他のAIツールの強みを活かし、効率的に、より洗練された文章作成を試していてくださいね。

 

執筆: 大畑朋子
イラスト: 中山亜希
編集: 新井勇作

ADs

関連記事

  1. 【初心者向け】5分で開設できる!WordPressブログの始め方 #dualwork

  2. 【保存版】お洒落なフリー画像サイトから、採用・集客まで!完全無料の神ツール12選 #dualwork

  3. TEDで話題沸騰!マルチポテンシャライトは複業向き?時代に合った働き方を徹底解説! #dualwork

  4. 過去3ヶ月で読まれた副業記事をまとめてチェック! #dualwork

  5. 複業は「好き」で始めてOK。本領を発揮する仕事の選び方とは? #dualwork

  6. 【保存版】知っておくと便利なGoogle検索の使い方12選! #dualwork