画像の悩み解消!AIで作る高品質で著作権フリーの素材

AIの技術は日々進化しており、その応用範囲は広がり続けています。特に画像生成の分野では、AIを利用することで、独自の素材を手軽に作成できるようになりました。これにより、商用利用可能な高品質な画像を生成することが可能です。

商用利用可能な画像とは、著作権や使用権に制限がなく、ビジネスで自由に使用できる画像のことを指します。これにより、プレゼン資料やSNS、ウェブサイトなど、さまざまな場所で自由に画像を使用できます。

しかし、いくつかのツールでは「商用利用可」を謳っているケースがありますが、その文言を鵜呑みにせず、裏側の学習素材などを注意して利用する必要があることに、画像生成AI活用の難しさがあります。

この記事の目的は、AIを利用して商用利用可能な画像を生成する方法を紹介することです。ターゲットは、プレゼン資料やSNSに使う画像に困っている方、撮影なしでぴったりな素材を活用したい方です。

AI画像生成ツールの選び方

商用利用に適したAI画像生成ツールを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。まず、生成される画像の品質が高く、商用利用が許可されていることが重要です。また、使いやすさや料金体系も確認しておくと良いでしょう。

人気のAI画像生成ツールとしては「Adobe Firefly」「MidJourney」「Canva」「Dall-E 3」「Stabledeffusion」などがあります。これらのツールは、使いやすさと高品質な画像生成機能を兼ね備えており、一部、商用利用にも対応しています。

各ツールは特定のシーンや用途に最適化されているため、自分の目的に合ったツールを選ぶことが重要です。例えば、「Canva」はテンプレートの種類が豊富で、初心者でも簡単にプロフェッショナルなデザインを作成できます。

画像生成のステップ

AIツールを使った画像生成の流れは、まずテキストベースのプロンプトで必要な画像を生成し、それをベースに自分の好みや用途に合わせてカスタマイズするというプロセスが一般的です。AIツールを活用することで、オリジナリティあふれる画像を簡単に作成できます。

なおテキストベースのプロンプトではなく、イメージ画像からAI画像を作成することも可能です。その際は、利用するイメージ画像の著作権をクリアする必要があるため、フリー素材を活用することが重要です。基本的に、世の中のフリー素材以外のイラストや写真は、すべてに著作権が発生すると考えるべきです。画像の使用権や著作権に違反しないよう注意してください。

AI画像生成のコツと活用のヒント

著作権をクリアした商用利用可能な画像を生成するためには、AIツールの機能を最大限に活用し、プロンプトの細部にまで注意を払うことが重要です。特に「〇〇風」(ジブリ風やワンピース風)などの固有のテイストを現在のAIはすでに理解・学習しており、それらをもとにした著作権的にグレーな画像を作成する可能性が高くなっています。

なお、画像生成AIによって作成された著作権的にグレーな画像を外部利用(SNSを含めた私用以外の用途全般)する際は必ず「この画像はAI生成ソフトにより作成されました」などの注釈と一緒に利用する必要があります。この文言がない場合、画像の元になった著作権者から訴えられても仕方がない状況となります。(※これらの文言を使用したからと言って、100%訴えられない訳でもないのでご注意ください)

これらの制約をクリアしているツールは、2023年10月時点では「Adobe Firefly」しかありません。基本的には著作権についての不安な事項がある方が安心して商用利用をする際は、Adobe Fireflyを活用してください。

まとめ: AIを活用して理想の画像を手に入れよう

AI画像生成は、高品質な画像を手軽に作成することができる強力なツールです。そのメリットと将来性は非常に大きく、今後さらなる進化が期待されています。

読者の皆さんも、この記事を参考に、AIを活用して理想の画像を手に入れてみてください。AIの力を活用すれば、あなたのビジネスやプロジェクトがさらにスピードアップすることでしょう。ぜひ試してみてください!

ADs

関連記事

  1. 「30歳超えたら、福業しよう」編集長 新井が語るプランBのすゝめ! #dualwork

  2. 採用担当集まれ!キャリアSNS「YOUTRUST」を実際に使ってみたよ! #dualwork

  3. 趣味を副業に!好きなことを仕事にするメリット・デメリットをご紹介! #dualwork

  4. 【緊急寄稿】 僕らも「今日の仕事が楽しみです!」と言える人を増やしたい。#dualwork

  5. まだ副業しているの?本業を頑張る人だけができる“複業”とは #dualwork

  6. ライフワークは「過去と動詞の掛け算」で作られる #dualwork